社会福祉法人 光風会 特別養護老人ホームたちばなの里

本館:東大阪市岸田堂北町6-1 TEL:06-6224-5111

別館永楽:東大阪市寺前町1-4-21 TEL:06-6720-1801

料金一覧

料金一覧

介護老人福祉施設

  • 入居利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとし、介護保険法による介護報酬の告示上の額とします。
  • 入居者の要介護度に応じた利用料金から介護保険給付額を除いた金額(概ね1割の入居者負担額)と居住に要する費用及び食費の提供に要する費用の合計額です。

①基本料金(ユニット型介護老人福祉施設介護度別費用・個室)

介護区分 算定単位 介護報酬単位 1日当り
入居者負担額
1ヶ月当り
入所者負担概算額
要介護1 1日につき 659単位 689円 20,700円
要介護2 1日につき 729単位 762円 23,900円
要介護3 1日につき 802単位 838円 26,300円
要介護4 1日につき 872単位 911円 28,600円
要介護5 1日につき 941単位 983円 29,500円

②加算料金等(基本料金のほか、次の加算料金が要ります。)

加算項目 算定単位 介護報酬単位 1ヶ月当り
入所者負担概算額
日常生活継続支援加算
(介護福祉士の資格を有する職員を手厚く配置)
1日につき 23単位 720円
夜勤職員配置加算
(夜間帯の職員数を手厚く配置)
1日につき 13単位 410円
看護体制加算
(常勤の看護職員数を手厚く配置)
1日につき 10単位 310円
口腔機能維持管理加算
(歯科医師の指示のもと口腔ケアを行う)
1月につき 30単位 30円
個別機能訓練加算
(計画的に理学療法士等による機能訓練)
1日につき 12単位 380円
若年性認知症入所者受入加算
(若年性認知症入所者にニーズに応じた対応)
1日につき 120単位 3,760円
初期加算
(入所日から30日間特別な支援を行う)
1日につき 30単位 940円
栄養マネジメント加算
(管理栄養士を配置し栄養管理を行う)
1日につき 14単位 440円
療養食加算
(療養食を提供したとき)
1日につき 23単位 720円
外泊時費用加算(最大6日間)
(入院したとき及び居宅等に外泊したとき)
1日につき 246単位 (最大6日間)
1,540円
介護職員処遇加算 1月につき 所定単位の
2.5%
430円~680円
上記の利用料金については、入居者の所得状況に応じて、減額の対象となる場合がありますので、生活相談員まで相談してください。
ユニット型指定介護福祉施設サービス費の標準負担額(月額)
段階 区分 入居者負担上限額
第1段階 老齢福祉年金受給者等 15,000円
第2段階 市町村民税非課税所帯(所得80万円以下) 15,000円
第3段階 市町村民税非課税所帯で第2段階以外 24,600円
第4段階 上記以外 37,200円

③介護保険の給付対象とならないサービス費用

1日当り入居者負担額 1ヶ月当り入居者負担概算額
ア 居住に要する費用(第4段階の場合) 3,000円 90,000円
イ 特別室Aに入居した場合 1,500円 45,000円
  特別室Bに入居した場合 1,000円 30,000円
ウ 食費に要する費用 1,380円
(朝・昼・おやつ・夕食)
41,400円
エ 入所者の選択によりソフト食を
  提供した場合
30円
(1食につき)
30円
(1食につき)
オ 入所者の希望に基づいて、
  特別な食事(酒を含みます。)提供した場合
実費 実費
カ 施設行事(ホーム喫茶及び居酒屋等)に
  参加される場合
実費 実費
キ 送迎費
  入居者の希望により協力医療機関以外の
  医療機関に送迎する場合及び入居者の希望により
  外出する場合には、送迎費用及び付添費用
実費 実費
ク レクリエーション、クラブ活動等に要する費用 実費 実費
注 入院中、外泊中の居住に要する費用は、入居者の負担となります。
注 上記のア 居住費に要する費用及びウ 食費に要する費用については、所得の状態に応じて、減額の対象となる場合がありますので、生活相談員に相談して下さい。

④減額の対象

入所者負担金のア 居住費及びウ 食費については、次のとおり所得の状態に応じて減額の対象となる場合がありますので、生活相談員にご相談ください。

対象者 区分 居住費(日・月額) 食費(日・月額)
市町村民税
非課税所帯
(所帯全員)
老齢福祉
年金受給者等
(老齢福祉年金を
受給されている方)
第1段階 820円 24,600円 300円 9,000円
市町村民税
非課税所帯
(合計所得金額が
80万円以下の方)
第2段階 820円 24,600円 390円 11,700円
市町村民税
非課税所帯で
第2段階以外
(第1段階・
第2段階以外の方)
第3段階 1,310円 39,300円 650円 19,500円
上記以外の方 第4段階 3,000円 90,000円 1,380円 41,400円
専用介護備品の種類 単位 月額
低床型車椅子 1月につき 2,400円
自動安全ブレーキ付き車椅子 1月につき 3,900円
自動安全ブレーキ付き低床型車椅子 1月につき 4,200円
スイング型車椅子 1月につき 4,800円
徘徊コールマット 1月につき 2,100円
ベットコール 1月につき 2,700円
タッチコール 1月につき 1,800円
衝撃吸収マット 1月につき 1,500円
電動エアマット 1月につき 3,900円
低反発マット 1月につき 3,000円
整理たんす 1月につき 500円
アームスイング介助バー 1月につき 1,500円
介護保険の給付対象とならないサービス費用は、別途消費税が必要です。

ショートステイ

【1】介護保険の給付対象となるサービス費用
  • ショートステイ利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとし、介護保険法による介護報酬の告示上の額とします。
  • 利用者の要介護度に応じた利用料金から介護保険給付額を除いた金額(概ね1割の入居者負担額)と居住に要する費用及び食費の提供に要する費用の合計額です。

基本料金(ユニット型介護老人福祉施設介護度別費用・個室1日当たり)

介護区分 算定単位 ユニット型個室入居者負担額
要介護1 1日につき 715単位 748円
要介護2 1日につき 785単位 821円
要介護3 1日につき 859単位 898円
要介護4 1日につき 929単位 971円
要介護5 1日につき 998単位 1,043円

加算料金等

加算項目 算定単位 介護報酬単位 利用者負担額
送迎加算(片道)
(居宅と事業所間を送迎した場合)
1回につき 184単位 193円
サービス提供体制強化加算
(介護福祉士の資格を有する職員を手厚く配置)
1日につき 12単位 13円
夜勤職員配置加算(Ⅰ)
(夜間帯の職員数を手厚く配置した場合)
1日につき 13単位 14円
看護体制加算
(常勤の看護職員数を手厚く配置した場合)
1日につき 12単位 13円
若年性認知症利用者受入加算
(若年性認知症利用者が利用した場合)
1日につき 120単位 126円
認知症行動・心理症状緊急対応加算
(医師により認知症状から緊急に利用が必要と判断され利用した場合)
1日につき 200単位 209円
個別機能訓練加算
(専ら機能訓練業務に従事する理学療法士等を配置した場合)
1日につき 12単位 13円
療養食加算
(療養食を提供したとき)
1日につき 23単位 24円
緊急ネットワーク加算 
(緊急的な利用のため複数の事業所が連係し、利用者を受け入れた場合)
1日につき 50単位 53円

注 上記の利用料金については、利用者の所得状況に応じて、減額の対象となる場合がありますので、生活相談員まで相談してください。

ユニット型指定介護福祉施設サービス費の標準負担額

段階 区分 入居者負担上限額
第1段階 老齢福祉年金受給者等 月額 15,000円
第2段階 市町村民税非課税世帯
(所得80万円以下)
月額 15,000円
第3段階 市町村民税非課税世帯で第2段階以外 月額 24,600円
第4段階 上記以外 月額 37,200円
【2】介護保険の給付対象とならないサービス費用

次のサービスは、利用料金の全額が入居者の負担となります。

①滞在に要する費用 1日につき 3,000円
②特別室Aに滞在した場合 1日につき 1,500円
 特別室Bに滞在した場合 1日につき 1,000円
③食費の提供に要する費用 1日につき
(朝・昼・おやつ・夕食)
1,380円
④入居者の選択によりソフト食を提供した場合 1食につき 30円
⑤入所者の希望に基づいて、
 特別な食事(酒を含みます。)を提供した場合
実費
注 上記の①滞在に要する費用及び③食費の提供に要する費用については、所得の状態に応じて、減額の対象ととなる場合がありますので、生活相談員に相談してください。

滞在に要する費用及び食費の提供に要する費用(1日当たり)

段階 区分 滞在費標準負担額 食事標準負担額
第1段階 老齢福祉年金受給者等 820円 300円
第2段階 市町村民税非課税世帯
(所得80万円以下)
820円 390円
第3段階 市町村民税非課税世帯で第2段階以外 1,310円 650円
第4段階 上記以外 3,000円 1,380円
【3】介護保険の給付対象とならないその他のサービスの概要とサービス利用料金
(1)理容師又は美容師の出張による理髪サービス
又は美容サービスを利用した場合
①理容サービス 1回あたり 1,500円
②美容サービス 1回あたり 1,500円
③パーマ 1回あたり 実費
(2)写真プリント費用 (L判) 1枚につき 20円
(3)複写物(コピー)サービス 1枚につき 10円
(4)入居者のご希望に基づいて、専用の介護備品等を提供した場合には、次のとおりレンタル料金が必要です。
専用介護備品の種類 単位 金額
低床型車椅子 1日につき 80円
自動安全ブレーキ付き車椅子 1日につき 130円
自動安全ブレーキ付き低床型車椅子 1日につき 140円
スゥイング型車椅子 1日につき 160円
徘徊コールマット 1日につき 70円
ベットコール 1日につき 90円
タッチコール 1日につき 60円
衝撃吸収マット 1日につき 50円
電動エアマット 1日につき 130円
低反発マット 1日につき 100円
テレビジョン 1日につき 100円
整理たんす 1日につき 20円
アームスイング介助バー 1日につき 50円
(5)施設行事(ホーム喫茶及び居酒屋等)に参加される場合 実費
(6)送迎費
入居者の希望により協力医療機関以外の医療機関に送迎する場合及び
入居者の希望により外出する場合には、送迎費用及び付添費用
実費
(7)レクリエーション、クラブ活動等に要する費用 実費

注 介護保険の給付対象とならないサービス費用は、別途消費税が必要です。

居宅介護支援

訪問時の利用者の心身要介護または要支援認定を受けられた方は、介護保険制度から全額給付されるので自己負担はありません。